オーラの色の意味って?

オーラの色の意味って?

オーラには人それぞれで異なる色を発しており、色によってそのオーラが持つ意味が変わってきます。
オーラの色は大きく分けて8つあり、それぞれに長所や短所があります。

赤色オーラ:バイタリティ、情熱
行動力があり、人を惹きつける魅力に恵まれます。

オレンジ色オーラ:挑戦、カリスマ
様々な事を楽しむことができます。

黄色オーラ:元気、ムードメーカー
頭の回転は早く、プラス思考

緑色オーラ:バランス、やさしさ
浄化の力があり、ストレスや争い事からの開放ができます。

青色オーラ:冷静さ、客観性
円滑なコミュニケーションを生み出します。

紺色オーラ:真面目、誠実
高い精神エネルギーを持ち、外的要因から自己を守ってくれます。

紫色オーラ:直感、神秘
浄化の力に優れ、マイナスのエネルギーに対して敏感になります。

黒オーラ:死

それぞれの色の詳しい説明は個別のページにて行っておりますので、ぜひ御覧ください!

オーラで占う本格占い

オーラの色は変わるのか?

答えはYESです。
オーラは微妙な感情の変化でもその色が変わって行きます。
オーラが見える人からすると「オーラは何重もの層となって人を覆い、グラデーションの様になって発せられている」そうです。
その何重にも重なっているオーラから今、あなたの中で一番濃く見えるオーラが基本的にあなたのオーラの色になります。
また、オーラは外的要因によっても変わることがあります。
どういうことかと言うと、他人の持つオーラがあなたの持つオーラに干渉してきた時です。
オーラというものは、物質ではないですので重さもなければ形もありません。
絵の具イメージするとわかりやすいと思うのですが、赤と青の絵の具を混ぜると紫の色ができます。
この様にオーラも別の色のオーラが混ざるとその色が変化していきます。
「この人といるとなんだか元気がでてくる」「この人と喋っているとなんか暗くなる」
というのはお互いのオーラが干渉しあい色が変化しているからです。